55250: Acronis ソフトウェア: プログラムフォルダや実行ファイルをアンチウイルスなどのセキュリティプログラムから除外する方法

Last update: 金, 2020-11-06 10:15

場合によって、ウィルススキャンなどのセキュリティ関連のプログラムがAcronis製品の動作を妨げることがあります。このような問題は、該当するフォルダまたは実行ファイルを除外設定、もしくはホワイトリストに追加することで解決できます。

ソリューション( Acronis Backup 12.5/12)

以下のプログラムフォルダを除外もしくはホワイトリストに追加してください:

C:\Program Files\Acronis\
C:\Program Files\Common Files\Acronis\
C:\ProgramData\Acronis\ (Windows Vista, 7, 2008, 8, 10, 2012, 2016 の場合)
C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Acronis (Windows XP, 2003 の場合)

x64 システムの場合:

C:\ProgramData\Acronis
C:\Program Files (x86)\Acronis
C:\Program Files (x86)\Common Files\Acronis
C:\Program Files\Acronis
C:\Program Files\Common Files\Acronis

実行ファイルを手動で指定する場合は、以下のリストを参照してください:

C:\Program Files\Common Files\Acronis\Agent\agent.exe
C:\Program Files\Common Files\Acronis\Schedule2\schedul2.exe
C:\Program Files\Common Files\Acronis\TibMounter\tib_mounter_service.exe
C:\Program Files\Acronis\AMS\ManagementServer.exe
C:\Program Files\Acronis\AMS\SyncMachines.exe
C:\Program Files\Acronis\ARSM\arsm.exe
C:\Program Files\Acronis\BackupAndRecovery\mms.exe
C:\Program Files\Acronis\LicenseServer\acronis_license_service.exe
C:\Program Files\Acronis\TrayMonitor\MmsMonitor.exe
C:\Program Files\Acronis\WebServer\ams_web_service.exe
C:\Program Files\Acronis\ZmqGw\zmqgw.exe

C:\Program Files\Common Files\Acronis\Agent\agent.exe (この実行ファイルは Update 4 より前のビルドにのみ存在します)
C:\Program Files\Common Files\Acronis\Schedule2\schedul2.exe(14330以前のビルドにおいて)
C:\Program Files\Common Files\Acronis\TibMounter\tib_mounter_service.exe(14330以前のビルドにおいて)

%APPDATA%\Local\Temp\AcronisGuestService\app_backup.exe  

ソリューション( Acronis Cyber Protect Cloud)

C:\Program Files\BackupClient\
C:\Program Files\Common Files\Acronis\
C:\ProgramData\Acronis\ (for Windows Vista, 7, 2008, 8, 10, 2012, 2016)
C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Acronis (for Windows XP, 2003)

x64 システムの場合:

C:\ProgramData\Acronis
C:\Program Files (x86)\Common Files\Acronis
C:\Program Files\BackupClient
C:\Program Files\Common Files\Acronis

実行ファイルを手動で指定する場合は、以下のリストを参照してください:

C:\Program Files (x86)\Common Files\Acronis\Agent\agent.exe
C:\Program Files (x86)\Common Files\Acronis\Schedule2\schedul2.exe
C:\Program Files (x86)\Common Files\Acronis\TibMounter64\tib_mounter_service.exe
C:\Program Files\BackupClient\BackupAndRecovery\mms.exe
C:\Program Files\BackupClient\TrayMonitor\MmsMonitor.exe

仮想マシンの場合、更に以下追加してください: %APPDATA%\Local\Temp\AcronisGuestService\app_backup.exe

ソリューション( Acronis Snap Deploy 5)

x32 システムの場合:

C:\Program Files\Acronis\
C:\Program Files\Common Files\Acronis\
C:\ProgramData\Acronis\ (Windows Vista, 7, 2008, 8, 10, 2012, 2016)
C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Acronis (Windows XP, 2003)

x64 システムの場合:

C:\ProgramData\Acronis
C:\Program Files (x86)\Acronis
C:\Program Files (x86)\Common Files\Acronis
C:\Program Files\Acronis
C:\Program Files\Common Files\Acronis

ソリューション( Acronis Backup 11.7/11.5/11/10)

以下のプログラムフォルダを除外もしくはホワイトリストに追加してください:

C:\Program Files\Acronis\
C:\Program Files\Common Files\Acronis\
C:\Program Files (x86)\Acronis\ (x64 Windows の場合)
C:\Program Files (x86)\Common Files\Acronis\ (x64 Windows の場合)
C:\ProgramData\Acronis\ (Windows Vista、7、2008、8、10、2012、2016 の場合)
C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Acronis(Windows XP、2003 の場合)

実行ファイルを手動で指定する場合は、以下のリストを参照してください:

(!) x64 システムの場合は、以下のパスは C:\Program Files\ ではなく、C:\Program Files (x86) で始まります。例えば、C:\Program Files (x86)\Common Files\Acronis\Agent\agent.exe などです。

C:\Program Files\Common Files\Acronis\Agent\agent.exe
C:\Program Files\Common Files\Acronis\BackupAndRecovery\Common\act.exe
C:\Program Files\Common Files\Acronis\BackupAndRecovery\Common\service_process.exe
C:\Program Files\Acronis\BackupAndRecovery\mms.exe
C:\Program Files\Acronis\BackupAndRecovery\BackupAndRecoveryMonitor.exe
C:\Program Files\Common Files\Acronis\Schedule2\schedul2.exe
C:\Program Files\Common Files\Acronis\Schedule2\schedhlp.exe
C:\Program Files\Acronis\ARSM\arsm.exe
C:\Program Files\Acronis\TrayMonitor\TrayMonitor.exe
C:\Program Files\Acronis\Timounter\TimounterMonitor.exe
C:\Program Files\Acronis\BackupAndRecoveryConsole\ManagementConsole.exe
C:\Program Files\Acronis\AMS\ManagementServer.exe
C:\Program Files\Acronis\StorageNode\StorageServer.exe

ソリューション( Acronis True Image)

以下のプログラムフォルダを除外もしくはホワイトリストに追加してください Windows Defenderについては、こちらの説明をご参照ください:

1) ソフトウェアのインストールに問題がある場合は、Acronis True Image のインストールファイルのパス

2) プログラムの実行ファイルと設定ファイルが置かれているフォルダ

x64 システムの場合(Windows 7/8/10):

C:\Program Files (x86)\Acronis
C:\Program Files (x86)\Common Files\Acronis
C:\Program Files (x86)\Common Files\Acronis\TrueImageHome
C:\ProgramData\Acronis

x32 システムの場合(Windows 7/8/10):

C:\Program Files\Acronis
C:\Program Files\Common Files\Acronis
C:\ProgramData\Acronis

x32 システムの場合(Windows XP 3SP):

C:\Program Files\Acronis
C:\Program Files\Common Files\Acronis
C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Acronis

Windows Vista, 64-bit Windows XP:

(該当なし (これらのオペレーティング システムは Acronis True Image ではサポートされていません))

3) フォルダを除外対象に追加した後もセキュリティ ソフトウェアが Acronis True Image の機能をブロックする場合は、これらのフォルダにある製品の実行ファイルをホワイトリストに登録する必要があります。

タグ: