56898: Acronis True Image: ディスクのクローン作成

Last update: 木, 2020-10-01 09:11

Acronis True Imageを使って、ベーシックディスク(MBRとGPT両方)のクローンを作成することができます。

Acronis True Imageを使って、単一のパーティションのクローンを作成することはできません。ディスク全体のクローン作成のみサポートされます。

ノートPC(ラップトップ)のクローンディスクを作成する場合は、ラップトップのハードディスクをクローンする をご参照ください。
Acronis True Image の最近のバージョンは、起動中 Windows / macOS のクローン作成ができます。詳細については、以下の記事をご参照ください:

「起動中 Windows / macOS のクローン作成」とは、操作を完了するためにコンピュータの再起動を必要としないディスクのクローン作成のことです。ただし、それでも Acronis True Image に再起動を求められる場合があります。その場合、Windows はシャットダウンされ、ディスクのクローンがオフラインで作成された後、Windows は改めて起動するというアルゴリズムで再起動が行われます。

前提条件

ソースディスクとターゲットディスクは、同一の論理セクタサイズである必要があります。異なる論理セクタサイズのディスクへのクローンはサポートされていません。
(例:512バイト/セクタディスクを、512バイト/セクタのディスクにクローンしたり、4096バイト/セクタのディスクを4096バイト/セクタのディスクへクローンすることはできます。しかし、論理セクタサイズが512バイトのディスクを、4096バイトの論理セクタサイズのディスクへクローンすることはできません。)

Acronis True Imageでは、ベーシックディスクのみクローンが可能です。 ダイナミックディスクのクローンを作成することはできません。

 

クローン作成元ディスクのボリュームは、そのままのサイズで、またはサイズを比例変更させて対象ディスクにクローン作成できます。小さいハードディスクに、大きいディスクのコンテンツが収まる十分な容量がある場合、大きいハードディスクから小さいディスクへのクローン作成が可能です。

元のハードドライブと新しいハードドライブとして、両方とも同じコントローラモード(IDE または AHCI)のハードドライブを使うことを推奨しています。そうでない場合は、新しいハードドライブでコンピュータが起動できない場合があります。

Windows を使用して外付け USB ハードドライブにディスクのクローンを作成する場合、クローンしたUSBハードドライブから起動できない場合があります。内蔵 SSD または HDD にクローンを作成することを推奨しています。

クローン作成後、クローン作成先のディスクが正しく起動することを確認するまで、クローン作成元のハードディスクを初期化しないことをお勧めします。
RAID ディスクのクローン作成

クローン作成は、単純なパーティション方式(MBR や GPT)の場合のみサポートされます。LVM または LDM として設定されている RAID のクローンは、Acronis True Image では作成できません。ハードウェア RAID および記憶域スペースのクローンは、Acronis 製品が動作している環境(オペレーティングシステムなど)がその RAID または記憶域スペースをサポートする場合のみ作成できます。それは、Acronis True Image は RAID の情報を環境から取得するためです。また、ハードウェア RAID のクローンは、再起動の必要がない場合のみ作成できます。再起動の後、各構成のハードウェア RAID のサポートが保証されない Acronis True Image のスタンドアロン版でクローン作成の操作が続くため、再起動が必要な場合は RAID のクローン作成に失敗することがあります。Acronis 開発チームは、ブータブル環境におけるハードウェア RAID のサポートの改善に努めております。 

クローン作成の手順(ステップバイステップ)

Acronis True Image 2017 またはより古いバージョンを使用してシステムディスクのクローンを作成する場合、Acronis ブータブルメディアから起動することを推奨しています。

Windows でクローン作成を開始したときでも、コンピュータはレスキュー メディアから起動するときと同じように Linux 環境に再起動する場合があります。そのため、レスキューメディアを使ってクローンを作成する方が効果的です。例えば、使用するハードディスクが Windows では検出されるのに、ブータブルメディアの環境では検出されないことがあります。その場合、クローン作成処理は再起動の後で失敗します。でも、レスキューメディアから起動すると、クローン作成を開始する前に、Acronis True Image で作成元ディスクと作成先ディスクの両方が検出されていることを確認できます。 

ビデオガイド

追加情報

Acronis True Image Does Not Clone Drives with Different Logic Sector Sizes もご参照ください。