63428: Acronis Cyber Backup 12.5: SAP HANA のバックアップ

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

次の製品に該当します: 

Acronis では、SAP HANA のバックアップの複雑な流れ(内部スナップショットの準備およびスナップショットの正しいクローズ)に対応できるデータ取り込み前後のスクリプトを提供しています。

  • これらのスクリプトは、SAP HANA サーバー全体をバックアップするバックアップ計画に含まれます。
  • このバックアップ計画が実行されるたびに、データ取り込み前のスクリプトは、ディスク上のデータベースの使用可能で一貫した状態が維持される内部スナップショットを撮るように、SAP HANA に呼びかけます。後で Acronis がデータベースのこの状態をキャプチャするスナップショットを撮るための準備です。
  •  Acronis Cyber Backup はこのディスクのスナップショットを撮ります。
  • データ取り込み後のスクリプトは、SAP HANA のスナップショットを開放します。スナップショットの準備、実行および開放は、ほぼ瞬間的な動作です。その間も、データベースは使用可能な状態にあります。 
  •  Acronis Cyber Backup は、スナップショット作成時の状態でフリーズされた SAP データ領域を含めて、コンピュータ全体のバックアップを作成します。

このバックアップを使って、サーバー全体を復元できます。また、このバックアップを仮想コンピュータに変換すること、ボリュームとしてファイルシステムにマウントすることもできます。これらの操作をしても、バックアップ内の SAP HANA データは一貫した状態で維持されます。

制限 & 前提条件:

  • 使用するコンピュータ(物理または仮想)に、Acronis Cyber Backup エージェント for Linux がインストールされている必要があります。
  • バックアップエージェントを実行するために、Acronis Cyber Backup (Advanced) Server for Linux のライセンスが必要です。スクリプト自体を使用するには、追加のライセンスは何も要りません。
  • 正式にリリースされた Acronis Cyber Backup 12.5 のビルドはすべてサポートされます。
  • SAP HANA のスナップショットの制限により、1テナントのデータベースのみサポートされます。

役立つリンク:

SAP HANA のバックアップ用のスクリプトは、こちらからダウンロードできます。

SAP HANA の保護に関するユーザーガイド: こちらをクリックしてください。