WinPE-based bootable media

This article instructs how to collect an application's memory dump file under WinPE/WinRE-based bootable media.

The dump file is required for investigating cases of application crashes and hangs.

はじめに

この記事には、Acronis ブータブルメディアがUEFI モードまたはLegacy BIOS モードで起動するか確認する方法を説明しています。

説明

デフォルト (Linuxベース) のブータブルメディア

WinPEベースのメディア

1. デフォルト(Linuxベース)のブータブルメディア

以下の表は、Linuxベースのブータブルメディアの起動過程を表しています。レスキュー メディア ビルダで「Acronis ブータブルメディア」という一番最初のオプションを選択した場合、この種類のメディアを持っていることになります。

お使いのメディアの起動の仕方を見るだけで、UEFIモードまたはLegacy BIOS/CSM モードで起動するか確認できます。

Acronis Plug-in for WinPE is a modification of Acronis Disk Director 12 that can run in the preinstallation environment. The plug-in can be added to a WinPE image using Bootable Media Builder.

With the WinPE-based media you can boot a crashed machine, or a machine without any operating system, and perform the Acronis Disk Director 12 disk management operations.

If you have Windows Automated Installation Kit (AIK) installed, Acronis Disk Director 12 will detect it, and you will be able to have the WinPE created from Acronis Bootable Media builder.

Description

Acronis Disk Director (any version and edition) is not supported on Mac computers.

This includes:

  1. Installing and using Acronis Disk Director on macOS (any version)
  2. Installing and using Acronis Disk Director on BootCamp Windows
  3. Installing and using Acronis Disk Director on Parallels Windows or any other virtual machine on Mac computer
  4. Running Acronis Disk Director from a bootable media on Mac and any virtual machine on it

You can create a rescue bootable media - a standalone version of Acronis True Image that you can use to boot a crashed machine or a machine without any operating system and restore an image of your system. Follow these instructions to create a bootable media.

はじめに

製品内のブータブルメディア ビルダを使って、Linux ベースまたは WinPE ベースのメディアを作成できます。詳細については、Acronis Cyber Backup 12.5: how to create a bootable media をご参照ください。

ブータブルメディアの作成中に必ずライセンスキーを指定してください。指定しないとバックアップが使用できなくなります。

ソリューション

 

  1. Acronis ブータブルレスキューメディアから起動します:

Introduction

This article explains how to find out whether Acronis Bootable Media boots in UEFI or Legacy BIOS mode. Keep in mind that bootable media should boot in the same mode as your system to correctly perform restore or clone operation.

The mode your system boots in is shown during the initial machine boot:

In Windows 8 and 10, you can also check the boot mode using System Information:

はじめに

この記事では、Acronis True Imageを使用してWindowsを起動エラーからリカバリする方法について説明します。

この記事は、システムがデスクトップ画面を開くことができず、Acronis True Imageを正常に起動できない状態にまでダメージを受けている場合にのみ使用してください。動作中のWindows上でAcronis True Imageを使用できる場合は、こちらの記事(英語)の手順に従ってください。

前提条件

1. Acronisブータブルメディア: Acronisソフトウェアがインストールされたブート可能なUSBサムドライブ、CD、またはDVD。入手方法については、こちら(英語)をクリックしてください。

Acronis True Image でテストされ正常に機能することが保証されている仮想コンピュータの形式は、Parallels Desktop 14 のみです。この形式は、Acronis True Image 2019 以降の Mac バージョンでサポートされています。

Parallels Desktop 14 仮想コンピュータのバックアップおよび復元

Acronis True Image 2019/2020/2021(すべて Mac バージョン)のユニークな機能の一つは、Mac ホスト上のディスク バックアップの一部となる Parallels Desktop 14 仮想コンピュータ バックアップの、他社の追随を許さないほど高レベルのサポートです:

Acronis Cyber Protect Home Office and Acronis True Image has been tested and is guaranteed to work with just one virtual machine format: Parallels Desktop 14. It is supported by Mac version of Acronis True Image 2019 and later.

Backup and recovery of Parallels Desktop 14 virtual machines

One of the unique features of Acronis Cyber Protect Home Office and Acronis True Image 2019/2020/2021 for Mac is its unrivaled support of Parallels Desktop 14 virtual machines backup, as part of disk backup on a Mac host:

Introduction

This article instructs how to use Acronis Cyber Protect Home Office (formerly Acronis True Image) to recover Windows from a boot failure.

Use the present article only if the system is damaged to a state when you can't get to the Desktop screen and launch Acronis Cyber Protect Home Office normally. If you are able to access the program within running Windows, please follow instructions from that article instead.

Introduction

You can create a Linux-based or WinPE-based media using Bootable Media builder in the product: see Acronis Cyber Backup 12.5: how to create a bootable media

Make sure to specify a license key during bootable media creation, otherwise backup will not be available.
It is not possible to back up a macOS system using Bootable media.

Solution